介護職を始めたい

今からでも大丈夫!フリーターから介護就職する方法

フリーターでも介護職への就職は本当にできる?
未経験無資格のフリーターが介護に就職する方法が知りたい

この記事では、フリーターでも介護業界に就職できる理由と方法を紹介します。

  • 介護業界が無資格未経験でも就職できる理由
  • フリーターから介護職に就職する方法

その他にも、フリーターから介護職に就職した人の口コミも調べてみました。
現在フリーターで介護職に興味のある方の参考にしてください。

介護の業界が無資格未経験でも就職できる理由

フリーターから介護就職する方法
介護の業界は、無資格未経験でも就職はできます。

介護といえば専門的な知識が必要なイメージがありますが、なぜ無資格未経験でも就職が可能なのか

  • 資格はあったほうがいい
  • 資格が無くてもできる仕事がある
  • 資格は働きながら取ればOK

こちらを見ていきましょう。

資格はあったほうがいい

フリーターから介護就職する方法
「え?無資格未経験でもいいんでしょ?」

はい、大丈夫です。
でも無資格のままでいいかと言われると違います。
資格は無いよりあったほうがいい理由を先にお伝えしますね。

理由1:資格があれば手当がつく

まず給与面で優遇があります。
介護職員初任者研修、介護福祉士実務者研修、介護福祉士などの資格があると手当が付く場合が多いです。

資格の中でも「介護職員初任者研修」は誰でも受講が可能で介護の基礎的な知識を学べるため先に取得できるならしておいて損はありません。

理由2:資格を取得して知識を持っていたほうが働きやすい

資格を取得することで介護の知識を学ぶことができるため、1つ1つの業務の理解が深まり仕事がしやすくなります。

理由3:資格を持っていたほうがより就職しやすい

無資格未経験の求人はありますが、「介護職員初任者研修」の資格を必須としている求人も多く見かけます。
つまり資格を持っている方が、応募する就職先の選択肢が増えます。

資格が無くてもできる仕事がある

フリーターから介護就職する方法
介護の職場では、資格がなくてもできる仕事があります。
「介護助手」や「介護補助」といわれ、介護福祉士のサポート業務を行います。
具体的に紹介します。

施設の清掃・利用者の部屋の掃除

施設のロビーや共有部分、お手洗い、それに利用者の部屋の清掃などを行います。
施設の清掃については外注の業者に依頼していたり、掃除スタッフを雇っていたりと施設毎に異なります。

利用者の送迎

デイサービスの場合など、利用者の自宅と施設の間の送迎を行います。
運転免許が必要です。

食事の配膳

食事を利用者のテーブルへ運びます。
利用者に直接触れる業務は資格が無いとできないので、介護補助の仕事は食事を運んだり下げたりすることです。

レクリエーションの準備

介護施設では定期的にレクリエーションを行いますので、その準備を行ったりする場合があります。

施設内での身体介助

利用者に直接触れる身体介助は資格が無いとできませんが、施設内であれば介護福祉士の指示の元、無資格でも行うことができます。
具体的には、食事介助、入浴介助、排泄介助などを行います。

資格は働きながら取ればOK

フリーターから介護就職する方法
無資格でも働けることを紹介しましたが、結局資格はあったほうが良いです。
その理由は4つあります。

  • 仕事の幅が広がる
  • 資格を持つことで自信がつく
  • キャリアアップで給与もアップ可能
  • 日本全国どこでも資格を生かして働ける

1つずつ見ていきましょう。

仕事の幅が広がる

身体介助の仕事は有資格者に許されている仕事です。
施設内であれば無資格でも行うことが可能ですが、訪問介護では資格が必要です。
現在は特例で訪問介護も条件を満たせば無資格であっても身体介助を行うことができますが、やはり資格を取得して基礎知識を習得した上で仕事をしたほうが良いでしょう。

資格を持つことで自信がつく

資格を持っていると自分の自信になります。
介護の仕事をする上でも資格を持っているだけで余裕が生まれるのではないでしょうか。

キャリアアップで給与もアップ可能

多くの施設では、資格手当などがあります。
資格を取得して給与面でもアップしていきましょう。

日本全国どこでも資格を生かして働ける

介護職員初任者研修、介護福祉士実務者研修、介護福祉士などは日本全国共通の資格なので、引っ越しなど住居が変わったとしてもまた介護職の仕事に就くことができます。

フリーターから介護職に就職する方法

フリーターから介護就職する方法
フリーターから介護職に就職する方法を2つ紹介します。

  • まず働き始める
  • 資格を取得してから求人を探す

まず働き始める

フリーターから介護就職する方法
無資格未経験OKの求人を見つけ、働きはじめてしまいましょう。
介護福祉士を目指す場合であっても3年間の実務経験が受験の条件になるので働き始めて経験を積むのは1つです。

まず働き始める場合のポイントを紹介します。

step
1
雇用形態を決める


介護の仕事はさまざまな雇用形態で働けます。
アルバイト、パート、準社員、正社員、契約社員、派遣社員など自分はどの形態で働くのか決めましょう。

step
2
働く施設の形態を決める


介護施設には様々な形態があります。

  • 入所型:利用者を24時間介護します
  • 通所型:利用者を自宅から送迎し、施設で1日介護をします
  • 訪問型:利用者の自宅へ訪問し、介護をします

無資格未経験の場合、訪問型は難しいため入所型か通所型から選ぶことになります。
夜勤が苦手なら、利用者が宿泊しない通所型がおすすめです。
逆に、お金のためにも夜勤もバリバリ頑張るつもりなら入所型がよいでしょう。

step
3
求人を探す

求人情報を見る時のポイントは3点です。

  • 資格取得への支援がある
  • 休日が十分ある
  • 給与が不満のない金額である

資格取得への支援がある場合「資格取得支援制度あり」などと福利厚生の部分に書かれています。
どのような支援内容なのか、正社員以外でも支援してもらえるのかなど確認が必要かもしれません。

年間休日数が少なすぎないか、自分の取りたい休日数に合っているか確認しましょう。


給与について「介護職は低い」というイメージがあるため求人情報の提示が低すぎると感じてもそんなものかと思うかもしれませんが、処遇は改善されてきています。色々な求人情報を見るとよいでしょう。

また、可能な限り見学に行くことをおすすめします。
実際の雰囲気や、一緒に働くことになる職員の方々の様子なども肌で感じることができます。

資格を取得してから求人を探す

フリーターから介護就職する方法
求人情報を見ていくと

「未経験OK、介護職員初任者研修必須」
という求人が結構多いです。

つまり、介護のスタート資格である「介護職員初任者研修」を終了していると、より多くの求人情報から就職先を選択することができます。

就職活動をする前に、資格を取得するのもありといえます。

まず取得すべきは介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は誰でも受講することができます。

受講資格 誰でも
金額 6万円〜10万円程度
期間 1.5ヶ月〜4ヶ月
試験 あり

金額については、
割引や、
スクールの運営母体の会社へ就職すれば返還されたり、
補助金や助成金を利用する
といった方法もあるのでスクールを選ぶときに安く受講できる方法を確認してみましょう。

フリーターから介護就職した人の口コミ

フリーターから介護就職する方法
実際の声を集めてみました。

まとめ|フリーターから介護の仕事への就職は可能。資格取得も視野に考えよう!

フリーターから介護就職する方法
介護業界は人手不足が続いており介護職員の需要は高いので、直接人の役に立つ仕事がしたいならやりがいのある仕事です。

3Kや4Kといわれた介護職ですが、待遇や環境改善も進んでいます
しかし改善が進んでいない施設がないとも限りませんので一度見学に行くなどして就職したい施設を見てみることをおすすめします。

資格があると就職にも有利になるのは確かなので取得してからの就職もお勧めですが、
介護福祉士資格を早く取得したいなら、まず就職して実務経験に入り、働きながら資格取得をしてもOKです。

本記事ではフリーターから介護職への就職について紹介してきましたが、他にも介護職への就職について参考になる記事を書いていますのでぜひ参考にしてくださいね。

-介護職を始めたい
-, , ,

© 2021 介護の面接で落ちない!就職・転職徹底ガイド